いつもより少し寝坊して起きた日曜日の朝。あなたのいれてくれた熱いコーヒーを飲みながら、窓から差し込む陽射しに照らされた君の優しい横顔を見る。ボクの左側。ちいさなシアワセ。そんなワンシーン。
model : yuri